【クルーズ船】MSCで地中海へ⑧:アンコーナでゆっくりブランチ

クルーズ最終日は、アンコナ(Ancona)というイタリアの都市に寄港しました。今回のクルーズに参加するまで、聞いてことがない地名で、観光名所として何があるのかもさっぱり知りませんでした。日本語の観光情報を検索しても、パッとするものが出てこず、「現地に行けば何とかなるだろう」と思っていた都市ですが・・・唯一、ここだけが「エクスカージョン(現地ツアー)を予約すればよかった!」と後悔している都市です。

cruise-itinary

(アンコナはブーツの膝裏部分くらいに位置する都市です)

アンコナってどんなとこ?

アンコナの起源はギリシャ時代にもさかのぼりますが、その地形と立地から港町として栄えた町で、中心部にはサン・チリアコ大聖堂(アンコーナ大聖堂)があります。

非常に歴史ある町で、数々の歴史的作品を所蔵している教会や博物館がありました。町は非常にコンパクトで港からも近いので、下船して町を散策すること2時間程度で観光終了してしまいました。

そこで、クルーズ船の中で集めた情報によると、近くにフラサッシ鍾乳洞という所があると聞き、迫力ある鍾乳洞の写真が掲載されていたので、「ここに行こう!」と行き方を調べたところ・・・アンコナの町から車で片道約1時間くらいかかり、鍾乳洞に入るのも入場時間が決められているツアーに参加しなければいけないとのこと。

タクシーで行けば船の出航時間までに戻ることもできますが・・・ツアーが予約できなかったら、何も得る物がないまな往復タクシーで帰ってこなければいけないという不安から、この鍾乳洞は断念することに。この件に関しては、現地ツアーを予約すれば良かったと後悔しています・・・。

アンコナの街並

鍾乳洞は次回リベンジすることにして、気を取り直してアンコナの町に戻りました。アンコナからはギリシャに向かう多くの船が出ており、客船以外にも大型の船が出入りしていたので、その風景を見ながらジェラートを食べてのんびり。それが終わったら、町の中心部に戻り、大通りをぶらぶらと散策しました。

img_1877

のんびりとした町で、お店に入っても店員さんがいなかったり(休憩中?)、日中の暑い時間帯は閉まっているお店も多かったです。アンコナへ寄港したのが13時頃で、それから観光していたのでランチ時間は過ぎており、レストランも閉まっているところが多かったのですが、ふらっと入ったBonta delle Marcheというお洒落なデリがあり、こちらでデリを何種類か注文してお腹を満たすことに。既に船内でランチは食べていたのですが、美味しそうなデリを前に、食べないわけにはいきません(笑)

img_1879

英語は通じませんでしたが、デリの方々はとても優しく、身振り手振りで何が食べたいかを伝えると、こんな感じのテラス席で待つことに。暑すぎず、うるさくもなく、ゆったりとした時間にボーっとしてしまいました。

img_1880

待つこと10分程度で、ムール貝とイカのディッシュが到着。これがビールに合って最高でした!お店のパンもおいしくて、オリーブオイル+バルサミコ+塩のコンビネーションでいくつも食べてしまいました。

鍾乳洞に行けなかったのは悔しいですが、アンコナでのゆったりとした時間は、クルーズ旅行の締めくくりには最高の過ごし方でした。後で知ったのですが、アンコナで1番大きい劇場「テアトロ・デッレ・ミューゼ」では、クラシック・コンサートやオペラ、演劇、バレエなどが上演されているということで、大都市の劇場のように観光客で混雑していないようなので、次回訪問する際は、地元のイタリア人と一緒に芸術を楽しんでみたいと思います。

最後の寄港地でのんびりとした時間を過ごしたら、1週間お世話になったMSCリリカともそろそろお別れの時間が近づいてきました。その日の夜は、お世話になったディナーテーブルの担当者と写真を撮ったり、船内で撮影してもらった写真を購入したり、免税店でお買い物をしたりと、最後の時間を楽しみました。船も揺れることなく、楽しくのんびりとした1週間を過ごすことができ、大満足です。

【クルーズ船】MSCで地中海へ①:2015年7月乗船のMSCリリカはこんな感じです。

【クルーズ船】MSCで地中海へ②:ベネチアの町並みを後に出航です

【クルーズ旅行】MSCで地中海へ③:世界遺産の町スプリットに感動

【クルーズ船】MSCで地中海へ④:船の中でゆったり過ごす日

【クルーズ船】MSCで地中海へ⑤:暑い!けれどやっぱり美しかったサントリーニ島

【クルーズ船】MSCで地中海へ⑥:想定外にお洒落だったミコノス島

【クルーズ船】MSCで地中海へ⑦:ドブロブニクで牡蠣三昧

【クルーズ船】MSCで地中海へ⑧:アンコーナでゆっくりブランチ

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。