【クルーズ船】MSCで地中海へ④:船の中でゆったり過ごす日

スプリットを満喫したら、翌日はサントリーニ島までの移動が長いので1日中船の中で過ごしました。「船の中で一日中というのは退屈なのでは?」と思われるかもしれませんが、全くそんなことはなく、サウナでリラックスし、免税店でお買い物を楽しみ、好きな時にビュッフェで食事をして、デッキでお昼寝をし、プールで遊び、ダンスレッスンを受け、ショーを見て、バーで飲んで・・・と充実した一日を過ごしました。

船内の様子はこんな感じ

img_1608

↗︎が私が撮影したサウナの休憩ゾーン(笑)暗くて良くわかりませんね・・・

spa

他の写真がなかったので、クルーズ会社のサイトから写真を拝借しました。でも、本当にこの通りです。雨が降っていなければ、このように青くて美しい海原を眺めながらリラックスすることができます。リリカのサウナは男女別に分かれており、各1室ずつスチームサウナがあります。

隣にはフィットネスジムもありました。乗客全員が一日中船内で過ごす日は、船内設備が利用しやすいように様々なディスカウントがあり、こちらのスパも通常40ユーロが35ユーロになっていました。
poolもちろん、青空の下でプールや日光浴を楽しむのもクルーズの醍醐味です!デッキでは誰でも無料で参加できるダンスレッスンや各種ゲームも実施されています。日光浴を楽しみたい西洋人が多いので、日中はかなり混雑していますが、朝は利用者が少なく、ひと泳ぎすると大変清々しく1日をスタートすることができます。

golf

デッキ後方部にはミニゴルフが楽しめる設備もあります。この他にも、卓球台やボードゲームの貸し出しなどもあります。

casino 船内には小さいけれどもカジノコーナーもありました。中国系の方がずーっとカジノしていました(笑)参加無料の抽選会も行われており、ワインなどが商品として用意されていました。

MSCの食事はこんな感じ
img_1619

旅を終えてから、あまり食事の写真を撮影していないことに気づいたのですが・・・夕食毎にドレスコードがあり、イタリア船らしく「ドレスコードはイタリア色」という指定がある日もありました。持ち合わせがなければハンカチなどワンポイントをイタリアカラーに合わせる等でもよいのですが、食事会場に集まる人の服装を見るのも楽しみでした。
img_1610

食事会場はこんな風にイタリアデコレーションされていました。船内には専属のカメラマンがいて、乗船・下船時や夕食時などに写真を撮ってくれ、翌日に船内写真店の前に張り出されます。気に入ったらその日に購入しても良いですが、最終日くらいにセット割引で購入するとお得です(船によって割引の有無は異なると思いますが、船会社としても購入してもらえなかった写真は処分するだけなので、安くても買い取ってもらえるように割引するところが多いです)。

毎日のショーは無料です

img_1624

リリカの中には↗︎のような劇場があり、コメディーやマジックショーなどを毎日行っています。ショー以外にも、船内には子供を一時的に預かってもらえる託児所もあるのですが、そこを利用した子供達が歌の練習をして最終日に発表していました。

この他、小さいながら免税店もありました。FURLAの鞄が2万円台で乗船時から狙ってたものがあったのですが、毎日配布される船内ニュースレターに「本日は○○ブランドがセール」などと日替わりお買い得商品が紹介されていて、FURLAが安い日にお得に購入しました。リリカの免税店は大変小さく、品揃えは良いとは言えませんが、その中にお気に入りの1品があったので大変嬉しかったです!

1日中船内で過ごしても全く退屈しないほど、色々な設備があるクルーズ船は最高です!翌日はついに一番楽しみにしていたサントリーニ島ということで、ショーを見た後にバーで楽しく過ごしたら、この日は早めの就寝でした。(続く)

【クルーズ船】MSCで地中海へ①:2015年7月乗船のMSCリリカはこんな感じです。

【クルーズ船】MSCで地中海へ②:ベネチアの町並みを後に出航です

【クルーズ旅行】MSCで地中海へ③:世界遺産の町スプリットに感動

【クルーズ船】MSCで地中海へ④:船の中でゆったり過ごす日

【クルーズ船】MSCで地中海へ⑤:暑い!けれどやっぱり美しかったサントリーニ島

【クルーズ船】MSCで地中海へ⑥:想定外にお洒落だったミコノス島

【クルーズ船】MSCで地中海へ⑦:ドブロブニクで牡蠣三昧

【クルーズ船】MSCで地中海へ⑧:アンコーナでゆっくりブランチ

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。