日本ではまだマイナー?お土産にも良い、安くて美味しいワシントン州産ワインがオススメです

アメリカのワインと言えば、カリフォルニア州ワインを思い浮かべる方が多いかと思いますが、ワシントン州にもワイナリーが沢山あり、美味しいワインの宝庫です☺。

しかし、カリフォルニア州のワインと比べて知名度が落ちるためか日本ではあまり知られていないワインが多いように感じます😥。そんなワシントン州のワインのうち、特に有名なシャトー・サン・ミッシェルのワイナリーに行ってきましたのでご紹介します😃。

シャトー・サン・ミッシェル

シャトー・サン・ミッシェルは、2つの醸造所を所有しており、白ワインをシアトル郊外のウッディンビルで、赤ワインをワシントン南部のホースヘブンヒルズで造っています。観光ガイドにも良く掲載されているウッディンビルにシャトー・サン・ミッシェルのワイナリーがあり、シアトル中心部から車で約30分くらいの距離です。

場所はこの辺↘︎

まず、ワイナリーを訪れると、その広大な敷地に驚かされます。特に夏は芝生の緑が美しく、野外ライブを見ながらワインを楽しめるという贅沢な時間を過ごすことができるようですが、今回は秋の来訪だったので残念ながらその景色は拝めず・・・涙。

でも、今回はすっかりクリスマス仕様になったワイナリーを楽しむことができました☺。

まずメインの建物に入ると、グラスや栓抜きなど、ワイン関連の飾りがついたクリスマスツリーがお出迎えしてくれました。1つ12ドルと値段は高かったですが、季節限定でシャトー・サン・ミッシェルのロゴも入っているオリジナルオーナメントに興奮↗︎↗︎😆。

img_3192

そして・・・奥にはワインがずらり。ワインのディスプレイ方法も工夫されていて、見ているだけで楽い気分に。

img_3177

ワイン関連のクリスマスグッズもたくさん置いてありました。

img_3176

ワインデザインのウオールスティッカーなんかも買うことができて、日本に帰って家にワインコーナーを造ったら是非購入したいと思うディスプレイ方法も学ぶことができました。

ウォールステッカー クリスマス 北欧 転写 xmas シャンパン シャンペン ワイン オーナメント 飾り 装飾 プリント 壁 シール ステッカー ウォール 転写 剥がせる 可愛い 壁紙

感想(1件)

お楽しみのワインテイスティング!

img_3187

さて、いよいよテースティング。リーデル (RIEDEL)のグラスがずらりと並んでいる風景にテンションも高まります😍。年齢確認のため、IDを求められることもあるので、パスポートを持って行くことをオススメします。

img_3189

テイスティングに予約は必要なく、カウンターに行って注文するだけ。3種類のテイスティング方法があり、①赤・白・スパークリング・リースリングから4種類選ぶ($10)、②リースリング5種類($10)、③リザーブワイン5種類($15)から選んで先に支払いをします。

すると、テイスティングカードを貰いテイスティングスタート。途中で休憩したい場合は、カードを持ってバーカウンターを離れ、後で戻ってきてテイスティングを再開することも可能です🍷。

私はリースリング好きで特に甘いワインが好きなので迷わずリースリングのテイスティングにしました。見にくいですが、↘︎のリストが渡され、上から順番に出てきます。全てワイナリーで販売しているもので、値段も書いているので買物時の参考になります。img_3190

シャトー・サン・ミッシェルリースリング[2010]

価格:1,944円
(2016/12/1 12:01時点)
感想(1件)

シンプルなリースリング↗︎から、お値段高めのエロイカ↘︎もテイスティングメニューにあります

ドクター・ローゼン&シャトー・サン・ミッシェル・エロイカ・リースリング・コロンビア・ヴァレー 2013| 誕生日プレゼント ギフト 還暦祝い 退職祝い お返し 女性 白ワイン 挨拶 内祝い お祝い 記念日 お歳暮 御歳暮 忘年会 クリスマスプレゼント クリスマス会 お年賀

価格:3,974円
(2016/12/1 12:05時点)
感想(0件)

私はColumbia Valley Harvest Select Sweet Rieslingの大ファンなので、相変わらずこれが美味しいなと再確認するというテイスティングでした(笑)地元のスーパーで安い時は7ドルくらいで売られているので、ワイナリーでは購入しませんでしたが、市場にあまり出回っていない数量限定のマスカットワインを購入しました。

ミッシェルのワインは日本でまだまだ知られていませんが、美味しくて手頃な値段なので、是非試してみてください!ちなみに、テイスティングをした人がワインを購入すると15%割引になるのですが、特に混雑している時は会計時に「テイスティングしましたか?」と聞いてもらえないので、自己申告して割引してもらいましょう!

お土産グッズも豊富ですimg_3178

その他、ワインのお供として欠かせないチーズ関連商品だったり・・・

img_3180

ワイングッズも色々な種類の取り扱いがあり、目移りしてしまいます。

img_3183

プレミアムワインのラインアップもありました。

img_3181

バカラなどのグラスやクリスタル製品もあり、お酒が苦手な方でも楽しめるワイナリーです。

img_3195

訪問時には孔雀にも出会うことができました✌🏼。どうやら有名人のようで、写真を撮られるのに慣れていました(笑)。

ミッシェルのワイナリー付近には、いくつか別のワイナリーやウイスキー醸造所があったりと、1日中楽しめるウッディンビルです。ワシントン州を訪問の際は是非お楽しみください。

でも、Drink&DriveはアメリカでもNGなので、現地でツアーに参加するか、タクシーを割り勘するのがオススメです。

ミッシェルのワインは日本から購入できるものもあるので、是非お試しください☺。

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。