どうして全てが巨大なの?香港の西貢(サイクン)にてシーフードパラダイス

香港を訪れる際にはお決まりルートがあるのですが・・・時間が許せば西貢(サイクン)は絶対に行きたい場所です!その魅力は、何と言っても巨大な魚介類を香港風に楽しむことができるからです。

img_2648

ちょっと画像が荒くて見にくいかもしれませんが、生簀というよりはお魚屋さんのように活きている魚が並べられており、どれも日本の一般的な魚介類と比べるとサイズが特大サイズなのです。レストランでは、この生簀の中から好きな魚介類を選び(量り売り)調理方法を指定します。良くわからない場合は、定番の料理がセレクトされてあるセットメニューがあるお店を選ぶのがオススメです。以下は私がいつも頼む定番メニュー達です。

img_2649

まず外せないのが、特大蝦蛄のガーリック揚げです。現地では「尿蝦」と呼ばれているので、漢字を見ただけだと「え!?」と驚かれるかもしれませんが、これが絶品なのです。殻をはさみで切って、熱々の身を取り出して食べます。ガーリックの香りが食欲をそそります。

img_2693

次は定番のホタテのガーリック蒸しです。調理方法はいたって簡単そうで、ガーリック・ネギ・春雨にお酒と醤油を入れて蒸したものです。たまに家でも作っていますが、西貢の肉厚な帆立を食べないわけにはいきません。ガーリックがこれでもか!というくらい入っているものもあるので気をつけてくださいね。私は分かって全部食べていますが 笑

img_2650

それからガルーパの煮付け。この写真のものは比較的小さいサイズですが、巨大なガルーパの煮付けをテーブルの真ん中に置いて大勢で楽しんでいる人たちを多く見ます。醤油ベースのたれがついているので、これをかけながら食べてください。思わずご飯が食べたくなる一品です。

img_2651

続いてはコストパフォーマンス抜群の蒸し蝦です。蝦を蒸しただけという、いたってシンプルな味ですが、身が甘くて大変美味しいです。いつもは、とりあえず蒸し蝦とビール!って感じで頼んでいます。甲羅が重くて値段が嵩むその他の食材と比べてお財布に優しい値段なので、お腹を満たす意味でも是非頼むべき一品です。頭の方にはちゃんとミソが詰まっているので、忘れずに味わってくださいね。
img_2653

それから余裕があればチーズロブスターか蟹を注文します。たっぷりのチーズが豪快にぶつ切りにされたロブスターと揚げてある太麺に絡んで大変美味しいです。

img_2656

普通の蟹もミソが詰まってて美味!いつもお腹いっぱいになるので、チーズロブスターか蟹のどっちにするか、西貢訪問の際にはいつも究極の選択に迫られています。嬉しい悩みなので良いですが・・・笑

西貢へはタクシーかミニバスで行くのが便利です。詳しい行き方は、香港naviさんが解説してくれてますね。私も最初はこのガイドを見て行きました。

香港にお立寄の際は是非シーフードを堪能してみてはいかがでしょうか?

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。