シアトルの物価ってどうなの?現地スーパーの価格帯はこんな感じ。

シアトル滞在を考えている方が最も気になることの1つが、物価ではないでしょうか?以前、シアトルダウンタウンに住む場合の生活費日本食材についてご紹介しましたが、食材の価格までは紹介できていませんでした。もちろん、スーパーによって価格帯は異なり、オーガニックの野菜・果物などは高くなりますので一概には言えませんので大まかな目安としてご参考ください。

スーパーの種類

まず、価格を説明する前に、スーパーの種類を説明します。ここに挙げてる以外のスーパーもたくさんありますがメジャーなところを特徴と一緒にご紹介します。

<高級スーパー>

●Whole Foods Market : オーガニック製品の取り扱いが多く、量り売りのホットディッシュも美味しい高級。スイーツも充実していて、お呼ばれしたときにちょっとしたお土産として持って行けるものもある。

●Metropolitan Market:世界各国からのグルメ製品が集められており、こだわる人にオススメのスーパー。

●Uwajimaya:我らが日系スーパー宇和島屋も、価格帯は高級の部類に入るが、上記2店舗より庶民的な内装・雰囲気。魚介類やアジア系の食材が充実しているのが特徴。

<一般的なスーパー>

●QFC:ワシントン州発祥のスーパーで、手頃な値段のオーガニック食材もある。無料でもらえるQFCカードを使うとかなりの割引が受けられるので持っていないと損。貯めたポイントでシェルのガソリンを入れることができる。

●Fred Meyer:ポートランド発祥のスーパーで、オーガニック製品の取り扱いが多い。多くの店舗が大型店舗で、食品以外にも生活用品など様々なものを販売している。

●Trader Jone’s:日本でも有名なカリフォルニア州発祥のスーパー。内装が可愛く、子供達にも人気。トレジョブランドのコスメなどもお土産に人気。地方限定のショッピングバックは日本のオークションで高値で取引されている

<経済的なスーパー>

●Safeway:全米にある有名な大手スーパー。安い食材が手に入り、特売なども行っているので、かなり生活費の節約になるのが特徴。

●Costco:日本でも人気の会員制スーパー。食材以外にも、家電製品など様々なものを販売しているが、パーティー等を行う際に多くの食材が必要な時にオススメ。映画・レストラン・旅行プランの割引ギフトカードも販売しているので、大人数で行う企画などがあれば要チェック。

●Grocery Outlet:以前、こちらで紹介した激安スーパー。治安のあまりよくない場所にあるのと、利用者の質も良くないので、日中に車で行くのが鉄則。各スーパーでの売れ残りや余剰在庫を安く販売しているので、購入時には賞味期限など要チェックだが、かなりの節約になる。

地元のスーパーをご紹介

以上、ざっくりとスーパーの特徴をご紹介しましたが、「実際、どれくらいの値段なの?」という方のために、一般的なスーパーで挙げたQFCを例に価格帯をご紹介します。

QFC店内はキレイに陳列されていて、種類も豊富です。

ベリー系は、安売り時とそうでない時の値段差が激しいですが、「2パックで○○ドル!」などのセット売りセールをよくやっています。

このスーパーは、町中にある小規模のQFCですが、チーズはこんなに沢山の種類が常時用意されています。生ハムやオリーブなども充実しています。

魚介類はUwajimayaほどではありませんが、新鮮なものを取り揃えています。セール時やQFCカードを利用したらすごく安くなり、↗︎のダンジネスクラブは$4.59という安さです。思わず購入してしまいました。

ある日のQFCで購入したものです。

内訳は・・・

1.卵(12個入り):$0.99

2.ダンジネスクラブ:$4.59

3.パパイヤ:$3.35

4.パクチー:$1.29

5.人参(1本):$0.25

6.マンゴー:$1.00

7.アスパラガス:$3.49

8.トウモロコシ(1本):$0.79

9.タマネギ(1個):$0.88

10.ニンニク(1個):$0.99

11.トマト(2個):$1.01

12.アボカド(1個):$1.00

13.ラズベリー1パック:$1.88

14.食洗機液体洗剤1本:$3.19

以上、合計$25

QFCカードを利用することで、$14.29も安くなりました!利用といっても、無料でもらうポイントカードを提示するだけ。クレジットカード機能もなく、レジで「QFCカード持ってる?」と聞かれた時又は自分から「カードください」と言うだけです。すっごくお得なのに、たまに持ってないのにQFC利用している人がいるので思わずカードの素晴らしさを力説してしまいます。

食材によっては、日本より高い!安い!と驚くものが多いですが、アメリカのスーパーはほとんどの野菜や果物を量り売りしてくるので、一人暮らしで人参1本しかいらないんだけど・・・という私みたいなタイプには大変助かります。

アメリカ生活費をイメージする参考になれば嬉しいです。

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。