写真付きで解説!シアトルの空港から市内へ電車でアクセスする方法。

シアトルの玄関口、Sea-Tac空港からダウンタウンへは、公共交通機関でのアクセスが簡単なのですが、初めてシアトルを訪れる旅行者の方のために、写真付きでご案内致します。

まずは空港ターミナルから電車の駅へ

シアトルの空港に到着したら、まずは荷物ピックアップのエリアへ行かれると思います。ここで注意が必要なのは、シアトルの空港では荷物を運ぶカートが有料ということです。しかも、1ドルとか安いものではなく5ドルもするんですよね(涙)。なので、多くの方がカートを使わず荷物をゴロゴロ押して移動しています。少しの距離とは言っても利用する荷物ピックアップの場所によっては電車の駅まで約10分ほど歩くことになるので、四輪キャスターのスーツケースを利用することをオススメします。最近ではレンタルすることもできるので、あまり海外旅行に行かない人はレンタルサービスを利用するのがオススメです。

さて、シアトルの空港の到着ロビーはこんな感じです。大きくなく、小さくなく、こじんまりとした感じ。でも、到着ロビーにも出発ロビーにもあまりお店はなく、出国ゲートに入らないとお店がありません(ゲート内での過ごし方はこちらの記事をご覧下さい)。

荷物ピックアップしたら、空港内の案内に従って、電車乗り場まで行くのですが、乗り場に一番近いBaggage Claimは16番です。1番端の方ですが、早くにエレベーターに乗ると駐車場内を歩いて行くことになり、屋外なので冬は寒かったり、夏は日差しが強くて暑かったりするので、16番クレームまで空港内を歩くのがオススメです。

さて、16番クレームの側にあるエレベーターを上るとこんな感じで駐車場側に渡ることができます。他のエレベーターを上っても同じようにコネクティング・ブリッジがあるのですが、目指すはLink Light Railの文字です。

空港内の、こんなサインや・・・

こんなサインに従って、歩いて行きます。

コネクティング・ブリッジを渡ると、到着するのは4階のフロアです。Uberとかのライドシェアは、1つ下の3階の専用駐車場を利用します。

16番から駐車場側に渡り、左に歩いて行くとすぐにこのサインとLink Light Railに行く道が見えてきます。

Link Light Railへの道には、このようにサインがあるので分かりやすいです。Train To Seattle(シアトル行きの電車)と書いている方の矢印に従って歩いて行きます。

距離は結構あります。約5〜8分くらいですが、荷物があるので時間がかかり、道のりが長く感じます。

ちなみに、ダウンタウンから空港にもこのLink Light Railで行くことができるのですが、反対側のサインもあります。

道の途中にはこのようにチェックインの機械もあるので、セルフ・チェックインすることも可能です。ホリデーシーズンなどのピーク時には空港が混雑するので、途中でセルフ・チェックインするのも良いです。

さて、歩いて行くとようやく駅に到着です。ここまで有料のカートで来ることもでき、カート返却口もあります。もちろん、ここからレンタルすることもできます。駅と言っても、スタッフがいつもいるわけではないので、券売機で自分でチケットを購入することが必要です。

チケット購入方法

Link Light Railの駅には、タッチスクリーン方式のこんな機械があります。クレジットカードも現金も利用可能です。ORCAカードという、地元のチャージ式カードも購入可能で、乗り換えなどをする人には割引が適用になるので便利です。バスや電車で色んな場所に行く人には便利なのでORCAカードの購入をおススメしますが、市内のお店で利用できるところはほとんどありません。また、ORCAカードをLink Light Railで使用する時は自分でValidate(利用開始)する必要があり、してないことが見つかったら罰金です。

券売機のスクリーンには、このように書いてあるので、左側のChoose a destination(行き先を選ぶ)を選択します。右側は、ORCAカードを購入するのと、カードへの入金に使います。

目的地の選択は、このようにマップで出るうえに、路線は1本しかないので大変便利です(路線を増やそうとしてるけど、全く計画が進んでおらず、最近ようやくダウンタウンからワシントン大学への路線が開通したばかりです)。空港マークがついているSea-Tac Airportを選びます。AmtrakやSounder trainを利用する方は、マークのついたInternational District/Chinatownを選んでください。

ダウンタウン周辺に宿泊する多くの方が、Westlake/Seattleを目的地とします。行き先をタッチすると、料金が出ます。その日に空港へ戻る場合は往復(Day pass)も購入できますが、割引はありません。

5歳までは無料、6歳〜18歳は子供料金が利用できます。Reduced fareは旅行者には関係ないので×しています。この画面で、購入枚数を選ぶことができるので、数人分をまとめて買うこともできます。枚数を入力したら、ピンクで印をつけたTotal costが正しいか確認して、OKボタンを押します。クレジットカードや現金で支払ったら、チケットが出てきますので、これを持ってエスカレーターで上の階に行きます。

いざ、ダウンタウンへ!

空港からダウンタウンまでは乗り換え無しの1本です。↗︎の写真はWestlake Stationで撮影したので屋内なのですが、空港発の電車は屋外です。プラットフォームは1つしかなく、終点のAngle Lakeに行くのと、UW方面に行く電車があるのですがUW行きに乗ります。旅行の荷物を持った人が乗り込むのですぐに分かります。反対行きは、スーツケース等を持った旅行客が降りてくるので、どちらに乗るかはすぐにわかるはずです。

車内はこんな感じ。特別に荷物置き場はありませんが、空港発の電車だと、だいたい座れます。中心部のWestlake Stationまで、約50分。しばらくは寝てても良いです。目的のWestlake Stationは地下にある駅なので、トンネルに入って周囲が暗くなったら、車内の電光表示板をチェックしておいてください。

どうしても心配な人は、現地観光ツアー会社が、空港送迎やってますので、こちらが便利です。・・・ただ、高いです。Uberだと3人くらいまで乗れて、ダウンタウンまで約40ドルなので、ちょっと高すぎる気もしますが・・・。あとは、空港送迎サービスのあるホテルを選ぶことですかね。

その他のSeattle旅行Tipはまたアップします。ご参考になれば嬉しいです。

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。