ハノイでマタニティフォト撮影

妊娠初期からずっとやりたいと思っていたことの1つに、マタニティフォトがありました。

でも、思いのほか長引いた入院生活のせいで延期・延期になっていたためできず、半分諦めかけていましたが・・・無事に退院できたのですぐにフォトスタジオで撮影をしてみました😊

英語が通じる感じの良いフォトススタジオを見つけるのはなかなか大変でしたが、色々探してSuri Studioというお店で撮影をすることに。

私が撮影に行った時も日本人のお客さんがいたので、外国人にも有名なお店なのかもしれません。

Suri Studio

HPによるとスタジオはいくつかあるようですが、私はStudio02のHoan Kiemのお店を利用しました。

たまに英語の話せるスタッフさんがいるようですが、電話やメールだと英語が通じなくて会話にならない場合もあるので、何度かチャレンジしてようやく予約を取りました🙂

店内は、ベトナム人が好きそうなゴージャスな感じ。西洋風のデコレーションとか置物とかたくさんあります。

写真のプランは、Basic Package02の予定だったのですが、(どういう流れだったのか忘れてしまいましたが😅)6種類のスタイルで撮影するということになり、計3,600,000ドンのプランに。

最初は「せっかくだし色々なスタイルで写真撮るの面白いじゃん!」っという気持ちだったのですが、1種類の撮影に最低20分はかかるので、「3種類くらいでよかったね😂」と撮影中から既に後悔(涙)!

着替えや髪のセット直しも大変だし、写真選びも大変だったので、マタニティはシンプルにして赤ちゃんのニューボーンフォトにお金をかければよかった><っと後悔したのです。

撮影の準備

私たちは事前にスタジオに行って、撮影プランと洋服を選んだのですが、どうやらいきなり行っても撮影できるようです。

というより、「え?せっかく来たのに今日撮影しないの?」と逆に驚かれましたし。

まずはこんな感じでヘアメイクをしてもらいました。

このヘアなんですけどね・・・人生初のソバージュをされちゃったのです😱

現在ベトナムではソバージュとメッシュが流行っているようで、それをするのがオシャレだそうで・・・。

よくわからないまま、成り行きにまかせていたのですが、仕上がった私を見た旦那の目が点(笑)😶

「え?ソバージュかけたの?」

っと驚かれたのです。

ソバージュはコテでかけられたのですが、私はソバージュが何か良くわかっておらず、でも仕上がりを見て「これ、おばさんくさくて嫌なんだけど・・・」って凹んだ時にはもう後戻りできませんでした😩

レンタルドレスはたくさんあって、どれを使っても値段が変わることはありません。

ベトナムだから、「レンタル服の衛生状況心配だわ・・・😅」と思っていたのですが、「まあ・・・ベトナムでこれなら許容範囲かなっ」て程度の状態でした。

ただ、破れてたり、汚れてる貸衣装が多く、衣装選びの時にスタッフさんが色々持ってきてくれるんだけど、デザインとサイズに加えて衛生状況もチェックしながらだと、着ても良いかなって思うものが少なかったです。

結局、いくつかは自分のお洋服で撮影することにして、その他はアオザイ、ドレス、ヌード(布だけ、手だけ)にしました。

洋服や小物は子供服の方が充実していたかなと思います。

いざ撮影へ

撮影スタジオはいくつかあって、コンセプトに合わせて証明や壁紙、小物を置き換えての撮影です。

一番可愛かったのは、子供部屋仕様のお部屋。

私たちは、アオザイでも撮影したので、ベトナム風のインテリアがある別のお部屋で撮影しましたが、いくつかあるお部屋の中でここが1番可愛かったから、子供部屋でも撮影すれば良かったな〜って後で思いました。

撮影中は英語ができるスタッフさんがついてくれて、「右向いて〜」「笑って〜」とか教えてくれながらの撮影でしが、これがなかなか難しい!

「モデルさんってスゲー😱」って思ったのでした。

最初は洋服を着たコンセプト、最後の方に下着とかレースのみでお腹を目立たせた写真を撮影しましたが、全部で4時間弱かかったのでヘトヘト・・・😭

欲張って6コンセプトもするんじゃなかったと後悔😩

ちなみに妊娠線と正中線は後でPhotoshopで消してくれると言われたのですが、仕上がりのサンプルを見たら全然消してくれていなかったので、何度も言って満足いくまで訂正を依頼しないといけません。。。

撮影後は写真選択

撮影後は、1階に置かれているパソコンからアルバムに入れる写真を選択します。

・・・が、我々は6コンセプトの撮影してしまったので、計200枚ほどの写真から30枚ほどに絞り込むが必要で・・・撮影で疲れているので「今日は無理だわ」ということで持ち帰りにして、家で写真を選択して後日メールでオーダーするということに。

ただ、この「後日メールで」というのが大変で、メールしても電話しても話が先に進まず、旦那が「メール見てよ!」と伝えにこのHoan Kiemのスタジオまで出向いたのです😂

仕上がりはこんな感じ

まず驚いたのはあまりにもしっかりとしたアルバムであったということ!

お願いする時に、サンプルを見ていたはずなのに、いざ手に取ると思わず「デカい!!」と叫んでしまいました😆

表紙はこんな感じ☺うっかり、表紙の写真をどれにするか伝えていなかったので(聞かれなかったのもあるけど🤪)スタジオの選択でこれになりましたが、良い感じに仕上がりました。

印刷もキレイで、フォトアルバムもしっかりしているので、満足のいく仕上がりです。ただ、仕上がってみると改めて見るのは恥ずかしいし、人に見せるのはもっと恥ずかしい😅ので、もうすこしシンプルで小さいアルバムにすればよかったな〜と改めて反省・・・。

でも、入院で大変な思いをしたりという妊娠生活の中で良い思い出を作れて楽しかったです☺

ハノイで出産される方も、日本に帰国して出産される方も、良い思い出になるかと思いますのでご興味があればお試しくださいませ〜😍ちなみに、マタニティを撮影したことで、ニューボーンフォトは20%引きにしてもらえました♡

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。