美容院探しに疲れていませんか?カラーリングはヘナシャンプー&コンディショナーがオススメです。

海外生活で困ること、不便だなと思うことは多々ありますが・・・「日本人のいる美容院探し」は転勤や移動するたびに「あー。またゼロからやり直しか・・・」と落ち込みます。日本には、本当に数多くの美容院があり、価格競争も激しいのでクーポンなんかを使えばカラー&カットで1万円以下でできますよね。

でも・・・。海外ではそうはいきません。

まあ、ロンドンとかNYレベルの大都市であれば日本人美容師の数も多いので美容院を探すのは大変ではないかもしれませんが・・・高いです。ロンドンでもNYでも美容院を利用したことがあるので分かりますが、日本の価格の1.5倍はします。しかも、アメリカだとチップを支払う必要があるので、最低プラス15%というのは辛いです。。。

シアトルに赴任してからも知り合いからの口コミや当地の情報雑誌を駆使して、素敵な美容師さんに出会うことができましたが、カラー&カットで$150です。それにチップを入れると日本円で約2万円。。。それを2ヶ月に1回というのは、さすがにキツいうえに、利用者が多くてなかなか予約が取れないんです。なので、日本帰国まで美容院を我慢したこともあります。まあ、カットだけにすれば節約できるのですが、そうするとシャンプーが別料金でプラス$20とかするので、大幅な節約にはなりません。カラーも、しなくてもいいんですが、真っ黒も面白くないのでちょっと明るめの色を入れている程度。まだ白髪染めの必要はありませんが、海外生活が長くなって、白髪染めが必要になると美容院代がかさみます。

そこで、色々と調べたところ・・・私が行き着いたのは、ヘナ(天然の染料)が入ったシャンプー&コンディショナーの利用です。

ヘナって何?

ヘナとは、ミソハギ科の植物で、熱帯地域(インド、西アジア、北アフリカなど)で栽培されています。そのヘナの葉っぱには、赤・オレンジ色の色素が含まれており、これがタンパク質の分子と結びつく性質があるため、古代から染料として使われてきているのです。インド人やアフリカ人の友人の結婚式に参加した際、花嫁さんがヘナで全身に細かいボディペイントをしていました。今でも、お祭りの際にヘナでボディペイントをする地域もあるようですし、ヘナには殺菌作用があるので、皮膚病や火傷の治療薬として使われていたこともあるそうです。

このように、肌に直接使える天然成分なので、もちろん髪に使っても良いわけです。通常は、白髪染めとして使われますが、白髪にヘナだけを使うとオレンジ色になるので、染料を混ぜて茶色っぽくしたりすることもできます。髪を染めたいだけであれば、ヘナを使って直接染めることもできますが・・・私は面倒なので、ヘナ入りのシャンプー&コンディショナーを使って、徐々に髪の色が変化していくのを楽しんでいます。

ヘナシャンプー&コンディショナーの使い心地は?


Hask Henna ‘N’ Placenta Conditioner Moisturizing 12oz

こちら↗︎が、アメリカで初めて購入したヘナコンディショナーです。

色が明るくなりすぎると嫌だったので、 コンディショナーだけ購入して試してみることにしました。購入先はアマゾンですが、HASKというメーカーは美容院でも取り扱いされている有名なメーカーのようで、ヘナ製品以外にも色々なヘアケア商品を生産しています。今回購入したのは、プラセンタ入り。

使い心地はと言うと・・・まず、香りがとってもイイんです!

それから、洗い上がりがすっごくサラサラです。

なんで?と思って色々と調べたところ、どうやらヘナに含まれるローソンという成分が髪の毛のケラチンと絡み合ってキューティクルを保護してくれるらしいのです。また、ヘナにはタンパク質を変性して組織を収れんする効果があるので、髪にコシが出て、私のような猫毛・くせ毛には至れり尽くせりの成分のようです。

色については、すごく明るくしたい分けでも白髪を染めたいわけでもないので、ほんのりナチュラルブラウンになればいいな〜と思っていた程度ですが、1ヶ月くらい使うと、はっきりと「黒じゃない」と分かる程度の茶色になりました。どうやら、傷んでたり、細い髪の毛の方が先に染まるようで、毛先の方がより茶色になりました。

ヘナコンディショナーのお陰で、頻繁に美容院に行かなくても、まとまりのある髪質になり、希望通りのほんのり明るい髪色になりました♡もちろん、メンテナンスで美容院にも通いますが、高い!スケジュールが合わない!とイライラしながら美容院へ通うストレスからは少し解消されました。

その他のメーカーはどう?

個人的には、上記でご紹介したHASKのヘナコンディショナーが最もオススメです。


Nature’s Gate Henna Shine Enhancing Conditioner for Dull/Lifeless Hair, 18 Ounce (Pack of 4)

こちら↗︎も使ってみましたが、ちょっと香りが苦手で(鼻につく臭い)、洗い上がりはHASKほどサラサラ感はありませんでした。恐らく、こちらの方が染料が多く入っているようで、髪が明るくなるのが早かったのはこっちです(だから染料の鼻につく臭いがするんだと思います)。

ちなみに、染料が入っているといっても、上記2種類はコンディショナー自体は通常のものと同様に白です。ただ、メーカーによっては色付きのものもあるようです。ちょっとドロっとしているのが特徴です。海外製品に抵抗がある方は、日本でもヘナ製品は充実しているのでチェックしてみてください。

>【新 ポンプ式 特価】 ボタニカラー ヘナシャンプー&ヘナカラートリートメント セット 300g 【コジット】 (クチコミ おすすめ ヘナシャンプー)

個人的にはここ↗︎のがオススメです。

ヘナ製品って、なぜかポンプ式が少ないので使いにくいんですが、これはポンプ式なので使いやすいです。しかも、ヒアルロン酸や馬油が入っているのでしっとり効果が高く、色も3種類から選べます。海外での美容院悩みに疲れた方・・・是非、試してみてください。

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。