ベトナム妊娠体験記②ビンメックでの検診について

ベトナムでの妊娠体験記①妊娠発覚と病院選びの続編です。

ビンメックでの検診

ベトナムでの妊娠が発覚し、Hanoi French HospitalとVinmec International Hospitalを比較した結果、こちらの記事でもご紹介した通り衛生面からVinmec International Hospitalにて検診を受けることとしました。

私の場合、疑問に思うことはズケズケと質問するタイプなので、どちらの病院も分娩設備などを見せてもらえるよう交渉して自分の目で納得いくまで確認しました。ただ、ベトナムで出産を経験した他の日本人妊婦さんと話をしてみると、事前に設備を見た人は少なく、経験者の話を元に病院を決めた人が多いように感じました。

もちろん、どちらでも自分が安心できるのであれば構わないですが、外国では「言わないと伝わらない」のが基本のため、「失礼じゃないか。無理じゃないか」と思わず、積極的に「見せて。教えて。説明して」と要求すれば、判断材料となる情報も増えて良いのではないかと思います。

妊娠関係の支払いについて

日本での妊婦検診は、自治体が無料クーポンを配布しているため無料で検診が受けられる場合が多いですが、前述した通り、私の場合は「基本的には自己負担→健康保険で賄う金額からオーバーした費用の一部を後で主人の会社が払い戻し」というパターンなので、ビンメックでの受診は毎回支払いしています。

初めてビンメックを受診した際は、「お得な出産パッケージがあって、27週目から利用可能です」と言われたため、そのタイミングになったらパッケージを契約しようかなと思っていたのですが・・・

後日改めて聞いたところ、「パッケージ、なくなりました」という突然の方針転換

ま、ベトナムらしいけどさ〜・・・なくなったなら、早く教えてよね〜

(と思ったら、100パッケージ限定で復活したそうです。方針が色々と変わるので、随時要チェックということです😂)

と思いつつ、「じゃあ、普通に支払いすれば良いの?」と聞いたところ、「新サービスとしてプリペイドカードができたので、10万円とか20万円とか先に入金してもらえると、金額に応じて割り増しされた金額がチャージされます」とのこと。

つまり、例えば10万円の入金で(割増率は忘れましたが)例えば11万円分が病院代として使用できるということ。パッケージだと途中で日本に帰って出産するようになった場合、違約金がかかるので、絶対にベトナムで出産すると決めていない場合は損する可能性があります。

その点ではプリペイドカードの方が便利なのですが、主人から「また方針変えられてプリペイドカードがなくなったり、使い終わらなかった金額を戻してもらえないかもしれないから、普通に支払おう」と言われたため、我が家はその都度支払うことにしました。ただ、普通通りに払ってもVincard(ポイントカード)に10%分のポイントが加算されるため、プリペイドカードにチャージするのとあまり変わらないかも。

病院代は1回の検診で7000円程度なので、かなりポイントを貯めることができ、Vinmartとかのお買い物に使えるので結果的にはプリペイドカードにしなくて良かったです。まあ、このシステムはまた変更になるかもしれないので、あくまでも2018年現在での情報としてご参考くださいませ。病院の受診でポイントが貯まるなんて知らなかったので(教えてくれなかった)、最初の数回分は損してしまいましたが、分娩代とか入院費用の全てでポイントが加算されるのでかなりお得です!!

出産・検診のお値段は?

これもまた変更になるのでしょうが、私の場合は下記のプライスリストの値段が適用されました。

1番右側が、日本円に換算したお値段です。

定期検診でいつも支払っているのが、検診(3,450円)と超音波検査(3,700円)ですが、だいたいはこのリストにある通りの手順で検査を行う(はず!)です。

ただ、私は出産経験もなく色々と分からないことばかりだったので病院任せにしていたところ、本当は妊娠初期に検査すべき抗体検査などを全てやってもらえず(涙)・・・。24週目くらいに「おかしいな〜」と思って聞いてみたところ、「妊娠初期にすべきだった。今やってもあまり意味が無い」という返答が!

「いやいや、ちゃんと教えてよ!」と思ったけど、ベトナムの病院相手に気を抜いてた私もうっかりしていました。ちょっと文句を言いつつ病院と戦ったところ、出来る限りの検査は行いましたが、これから受診される人は要注意です。

ちなみに、出生前ダウン症検査はベトナムで一般的のようで、日本でするより安く検査できますが、ベトナム価格では高い(=良い収入になる)ので当然のように勧めてきます。この点は病院の言いなりにならず、ご夫婦でよく話し合ってからの方が良いかもしれません。

出産費用は、普通分娩が95,000円、帝王切開が101,000円(1回目の場合)、無痛分娩は17,000円となっており、日本で出産するよりかなり安いです。ベトナムの場合、出産後の入院が基本的には1日のみということもありますが、高級病院Vinmecで妊娠発覚から出産まで全て受診しても、日本の健康保険に入っていれば貰える出産育児一時金の範囲内で納まる又はお釣りが出る金額です。

しかし、ベトナム人が使うローカル病院だと、普通分娩は約1万円程度。そう考えるとVinmecは超高いのです!でも、ローカル病院は、産後すぐのお母さんが布団もない床で寝かせられたり(しかも10人1部屋とか普通らしい)セキュリティがしっかりしていないので赤ちゃんの誘拐も多発しているようで、ローカル病院での出産は検討もしませんでした・・・。

他方で、病院としては帝王切開の方が儲かるので、帝王切開したがる傾向にあるので注意が必要です。「ベトナム人のお母さんは出産の痛みに耐えられなくてすぐに帝王切開を選ぶ傾向にある」というのも、帝王切開経験者が多い原因の1つでもありますが、特に1人目の出産を予定している場合は気をつけた方が良いです。

以上、妊娠に関する検査・出産代金のお話でした〜

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。