ベトナム妊娠体験記⑦マタニティウエア をオーダーメイド

ベトナムで妊娠生活を送るにあたり、大変なことは色々とありましたが・・・

その中の1つが、気に入るマタニティウエアがない😂!ということです。

ベビーウエアとか、ベビー用品は思っていた以上に色々と手に入って特に困らなかったのですが、ベトナムで販売されているマタニティウエアって、ちょっと何かが違うんです。。。

基本的にワンピースが多いのですが、上半身部分はカワイイ!って思っても、スカート部分が微妙なデザインだったり・・・・😅 裾や袖部分がフリフリだったり、1回洗濯したらダメになるんじゃないか?って思うような生地だったり・・・ということでなかなか気に入るマタニティウエアを探せずにいました。

日本に帰国した際に、スウィートマミーとかMilk tea(ミルクティー)で購入して持ち帰ったりしていましたが、妊娠中は体温が上がるということとハノイが暑いということもあり、毎日汗だくだくで1日2回ほど着替えをしていたので洗い替えがなくなってきたのです・・・。



しかも、まだお腹の目立たないうちはパンツで良かったのですが、お腹が大きくなるとワンピースとか楽なやつばかり着たくなる・・・・😅。ということで、どうしようか悩んだ末に気づいたのは、私が住んでいるのはオーダーメイド天国のベトナムではないか!ということ😍

マタニティウエア、作っちゃいました!



まずは生地選びから

オーダーメイドすることを思いついてからまず向かったのは生地屋さん。ハノイで生地と言えば、ホム市場とかが有名ですが、ぼったくられることでも有名😅。なので、色々調べた結果、通称バーバーバーと呼ばれる町中の生地屋さん「333」に行きました。ハノイ在住の日本人もよく利用するお店で、色んな方のブログにも登場しています🙂。

それがこちら。このビルの4階にあるお店です。

住所は333 Bach Maiなのですが、実際は331にあるビルの4階でした。外からは看板もないのでよくわかりませんが、このビルの前で降ろしてもらうと警備員さんから「こっちだよ」と案内されました。

恐らく、外国人でこのビルに用事があるのは、生地屋さんだけなんでしょうね〜。

駐車場の隅っこにある階段を登って・・・

4階まで行きます。途中から、エレベーターに乗ることもできますので、妊娠中期の体でも何とかなりました😆。

4階に到着すると、飛び込んでくるのは生地の山!!!

靴を脱いでマスクをするように言われます(言われない時もある 笑)

靴は脱ぎ散らかして踏み倒されるので、良い靴は履いて行かないのがオススメです😄。

ハギレになっているものもあれば、ロールのものもあります。朝方行くと奇麗に陳列されていることが多いですが、夕方だと生地の争奪戦が行われているので、文字通り「ぐっちゃぐちゃ」です!

客も店員も生地の上を歩いています。もちろん、素足で生地を踏みつけながら・・・😆

気に入った生地があったら、店員さん↗︎にお願いしてカットしてもらいます。デザインにもよりますがワンピース1着で2メートル程度購入し、少し生地が余るくらいです。


言葉の分からない旅行者の方は、これ↗︎があると便利。店員さんには欲しい生地を示して「○○メートルください」とお願いすればOK。外国人だからといってぼったくられたという話は聞きません。

ちなみに私は↗︎の3種類の生地を購入。生地によっては、メートル単位で売っているものと、量り売りのものがあるらしい。

それぞれの値段はよくわからなかったけど、とりあえず3種類2メートルずつ購入して、お値段は全部で約1500円!ホム市場より全然安いです😍

いざ、オーダーメイド!

さて、生地も手に入ったということでオーダーメイドに出してみました。

生地屋さんでかなり踏みつけられているのを見たので、まず最初に生地を自宅で洗濯してから持ち込みましたが、生地はしっかりしていて洗濯してもほつれたりしませんでした。

オーダーメイドのお店は悩んだのですが、今回はYS2というお店へお願いすることに。本当は家の近くにあるClom’s Closet(お店をご紹介した記事はこちら)にお願いしようと思ったのですが、試しに別のお店にオーダーしました。

YS2はDong Da地区にあるお店ですが、場所がちょっと分かりにくい・・・。ので、近くに到着したら電話するのが良いです。お店の方によると、Facebook経由で事前に「こんな服が作りたいけどいくらですか?」「生地は何メートル用意すれば良いですか?」と聞けば教えてくれるようです。

お店にも生地はたくさんありますが、持ち込みももちろんOK。

お店は、外から見ると仕立て屋さんというよりは普通の1軒屋。その1階部分にて採寸とか生地選びをします。店内にはたくさんの完成品が並んでいますが、どれもしっかり作られていました。

あらかじめ、スウィートマミーのサイトで「これいいな〜😆」と思っていたのがあったので、スクショして「こんな感じでお願いします」とお願いしました。

産後も着られるように授乳対応とか、裏地を付けたりと色々とお願いしました。こういうオプションによって少しずつ値段が違うようです。

結局、ワンピースを2着お願いして、お値段は約1万5000円。1枚の布だけで作るワンピースの方が安くて、こちらが約6500円。ウエスト部分で切り替えて、トップとスカート部分を別々の生地で作る方が少し高くて約8500円です👗。

色んなブログを見たところお値段はもう少し安い予定でしたが・・・それらのブログ情報は数年前のもの。物価上昇に伴って、仕立て代も少し値上がりしているようです。結果的にはClom’s closetと変わらないくらいのお値段だったので、雰囲気がお洒落なClom’sでオーダーしてもよかったのですが、とりあえずは仕上がりを待つことに。

約2週間で仕上がりました!

この時は少し忙しかったのか、2週間かかりましたがもっと早く仕上がることもあるようです。

仕上がりは・・・すみません><身バレしちゃうので完成品の写真をアップできないのですが、イメージこんな感じです。

この画像を持ち込んで、トップはもうすこし濃いグレー、スカート部分は花柄の生地で作ってもらいました。

実は私、後日この既製品も買ってしまったのですが、やはりオーダーメイドした方がしっかり体にフィットしていて着心地が良いです!特に授乳口のところは、既製品だとはだけてしまったり、生地が薄い(厚みも色も)ので汚れが目立ったりしますが、オーダーの方は胸元部分を厚手&濃い色の生地にしてもらったので安定感があります。



もう1着はこんな感じ。これのグレーです。旨の前を結んでリボンっぽくできますが、これもやっぱりオーダーだとしっかり胸元を隠してくれるので屈んだときとかに不安にならずに良いです👗

今回は2着のみですが、ローカルのお店でオーダーするともっと安いようなので、次は他のお店でチャレンジしてみようと思います!

海外での妊娠生活は大変なこともありますが、こんな楽しみもあるのです❣

もちろん、マタニティウエア以外にも普通の洋服や男性用のスーツなどもオーダーできますので、ベトナムへお越しの際は是非お試しあれ!



 

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。