ベトナム妊娠体験記⑯念願の退院

2回目の入院は、思っていた以上に長くなり、

毎日「退院はまだ?」「いつ頃退院できるの?」とお医者さんや看護師さんに聞きまくりましたが、いつも答えは「まだダメ」「もう少し」の繰り返し・・・😭。

病院食にも飽き、硬いベッドで寝続けることで体がバキバキに痛く、連日の点滴に加えて先日の注射騒ぎなどで心も体も疲弊してしまいました。

辛い点滴

入院中に辛かったのが毎日の点滴でした。

手の甲から点滴の管を入れられるのですが、この注射がかなり痛い!しかも、一度注射して入れた管は数日間使うので、管の部分がかゆかったり、この装置があるので思うように手を動かすことができません。

私の場合、使える血管も少なかったので、手の甲と手首の血管を交互に使ったのですが、この時に管を入れた箇所があざのようになって出産後もうっすら残っています😩 この跡を見る度に、「よく頑張ったな〜」と懐かしく思います。

この装置をつけたままだと、着替えやシャワーが難しく、パソコンも上手く打てないのでできることが限られてて本当に暇!

暇なのに動きが制限されているので、余計に辛いのです・・・(涙)

ゆっくりゆっくり落ちてくる点滴とにらめっこな毎日でした😂

しかも、点滴にはこの機械がつけられていて「1時間○○mlのペースで入れる」という設定がされています。機械はベッド上の電源につなげられており、重くて動かすのは大変なので簡単にはベッドとこの機械から離れることができません。

つまり、「ちょっとトイレ・・・」という時もナースコールを押して機械を止めてもらい、点滴装置を外してトイレに行かなければいけないのでかなり不自由。。。

ナースコールの時に英語で話しかけても上手く聞き取ってもらえないので、何度も鳴らしたり、面倒だからお手洗い我慢したりと大変でした😣。

しかも、1日2リットルの水を飲むように言われているので、お手洗いの回数が多いのにこの状況・・・。とっても疲れました😂😂😂

入院後半では、自分で点滴を外す方法を覚えましたが、やり方を間違えて点滴が漏れてしまい、「ヤバいヤバい!看護師さんに怒られる〜〜😂」とワタワタしたりもしました😱

病院への不信感

入院中は、毎日先生の回診がありましたが、毎日エコーをしたり羊水量を計ったりするわけでもなく、基本的にはただひたすら点滴とCTGのみです。

しかも、妊娠糖尿病なのに分食できるような状況ではなく、特に糖分に配慮した食事が出る訳でもないので食べ物でストレスを感じたりと大変疲れました。

病院内には売店もなく、ちょっとしたカフェと食堂がありますが、私の欲求を満たしてくれるようなものではありません😵

次第に、「もしかして外国人だから、よく分からなくてもお金払うからとりあえず入院させてるのでは?」という疑うようになってしまいました。

「このままベトナムにいて良いのだろうか・・・?頑張って日本に帰国した方が良いかな・・・?」など考えれば考えるほど不安になります😖

この時に私が頼ったのが、在ベトナム日本国大使館です。

医務官の先生のアドバイス

入院が長引くことと、このままベトナムで出産すべきかどうか・・・という点をアドバイスいただきたく、お返事がいただけるか分かりませんでしたが、ダメもとで医務官の先生に相談してみようと思い、病室から大使館にメールしました。

日本に帰るなら早く準備をしなければいけないので、早急にアドバイスが欲しいなと思いつつも、返事は数日後かなと思って待っていたところ・・・

翌日の朝に見知らぬ番号から着信が😀!

「お!もしかして!」

と思い、電話に出てみると・・・

「在ベトナム日本国大使館の○○です」と、医務官の先生からお電話をいただけたのです!

前日の夜21時以降にメールしていたのでまだ見てもないのかなと思っていましたが、翌朝の早い段階でお電話いただけたので驚きました!

しかも、私の状況と質問に対して色々と調べてくださっており、

「他の病院に転院したいなら、108病院もフレンチホスピタルの受け入れられる状況にありますよ」と、ご丁寧に他の病院に確認までしてくれていたのです😍

私は存在を知らなかったのですが、医療技術的には軍関係の108病院というところが良いということも教えていただき、先生からは、

「事情を伺う範囲では、Vinmecで行っている治療は妥当だと思うよ。細かいところはケースバイケースなところもあるから分からないけど、例えば分食して欲しかったら、してもらえるまで病院にリクエストしてみな。どうしてもストレスがたまるなら他の病院に転院してもいいけど、大きな問題でなければ、最初から診てもらっている病院にいた方がいいんじゃないかな。日本にもまだギリギリ帰れるけど・・・もう少ししたら産むことができるから、頑張ってみたら?」

と親身になってアドバイスをもらいました。

1人で悶々としていたということもあり、医務官の先生からアドバイスをいただけたことで気持ちが楽になり、もう少し頑張ってみようと思えました。

親身になってお話を聞いて下さり、アドバイスしてくれた医務官の先生に感謝です☺☺☺どうもありがとうございました🙏🙇‍♀️🙏

羊水とココナッツウオーター

羊水過少と言われた際にエコーの先生からアドバイスされたのが、ココナッツウオーターを飲むこと。

ベトナムでは、ココナッツウオーターを飲めば羊水がキレイになると信じられているため、妊娠したらココナッツ水を飲むのが一般的だそうです。

このため、ココナッツウオーターの摂取を勧められたので、妊娠中は毎日ココナッツ水を飲んでいました🥥。

日本だと、ココナッツ100%のものを手に入れるのは難しいですが、ベトナムでは安く手に入るので毎日飲み続けてみました。

結果的に、ココナッツウオーターのお陰で羊水が増えたかどうかはわかりませんが、体に悪いものではないのでお水代わりに飲みました😉

ココナッツ水の効果については賛否両論あるようで、他のエコーの先生からは「医学的根拠はないから、飲まなくていい」と言われましたが😅、お水ばかり飲むのは疲れるの(1日のノルマ2Lだし・・・)でココナッツ水で水分補給というのは私に合っていたので美味しく飲み続けました。

ちなみにこのココナッツですが妊娠線にも効果があるようで、私は出産後の妊娠線消しに毎日塗っていますが、妊娠線が徐々に薄くなっているのを実感しています!妊娠中から塗っておけばもっと効果があったかもしれませんが・・・出産後からでも遅くない!と思い、使い続けています🥥

色々試しましたが、私が気に入っているのはこのココナッツオイル↗︎

安い時だと1本4万ドン(200円)くらいで購入できるので、量を気にせずたっぷり使えます!香り付きのものもあり、スーパーで購入した方が安いですがお土産屋さんでも取り扱っているのをよく見ます。

お友達へのバラマキ用お土産として大量購入したこともあります😉

ちょっと高いけど、日本でも同じもの購入できるようです。

ちなみに、オイルは25度以下だと固まるので、お風呂場とか温度の上がるところに置いておくと液体のままなのですぐに使える&お風呂上がりに塗ることができるのでオススメです🙂

ようやくの退院

ちょっと話がズレてしまいましたが・・・😅

そんなこんなで入院生活を頑張ること9日目に退院のOKが出ました!

たった9日なんですけどね・・・不慣れなことばかりでストレスも貯まり、1ヶ月くらい病院にいたような気がしました😂

羊水量も普通に戻ったということで退院のOKが出ましたが、家では「普通の家事以外はあまり動かない」という条件で退院OKになったのです。

妊娠糖尿病かもと言われた際に、分食と適度な運動を指示されたので1日30分程度のウオーキングをしていたのですが、羊水の少ない私のような場合にはNGだったようです😅

1日2リットルの水分摂取、安静にすること、家で血糖値を計り記録をつけること、インシュリン注射をすることを課されましたがようやく退院できたのでした😌

(続く)

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。