ベトナム妊娠体験記⑰3回目の入院と帝王切開

長い入院に終止符を打ちようやく退院できたものの、妊娠糖尿病のため毎日の血糖値に一喜一憂したりの日々が続いていたのですが、36週の検診でまた入院指示が出てしまいました…

36週目のエコーで、

「羊水少ないね…」と言われた時、

あ、また入院か🙄

とある程度覚悟はできていたものの…

ホアイ先生の診察で

「今日から入院ね…🏥」と言われた時は、

またか…😶と憂鬱になった反面、

実は安心したりもしたのです。

なぜなら、

我が家からビンメック病院までは車で約30-40分なのですが、死ぬほど大変と聞く陣痛の痛みに耐えながら車を手配して病院に行けるかどうかが、ベトナムで出産する際の一番の悩みだったので、出産が近くなったら早めに入院したいな・・・と思っていたからです。

後から考えると早めに計画分娩すれば良い話だったのですが、初産であまり知識もなかったので、妊娠後期に入っても、

どうしようかな…😣どうにかなるかな…😣

と悩んでいたからです。

この点、経産婦さんだったら陣痛の間隔とかタイミングとか経験があるので交通事情の悪いベトナムでも何とかなったのかなー🙄。

まあ、私の場合は最終的には帝王切開だったんで陣痛は関係ない話だったんですけどね…😅

3回目の入院

さて、入院決定ということで、またデポジットを払っていつもの病棟へ。

さすがに3回目だったので、こっちも慣れたもの。

前にもお世話になった看護師さんや助産師さんに、

「また来たの😶?」

と言われて苦笑い…

旦那も、

「もう産まれるまで入院した方がいいよ🤗」

と言って入院セットを持ってきてくれました。

旦那の夕食は、デリバリーしてくれる日本食レストランにビンメックまで届けてもらうというお弁当生活の毎日。

私は、ベビーブーツでも作ろうかなんて思って手作りグッズを病院に持ち込んでもらったものの、点滴してるから手はあんまり動かせないし、ベッドから離れられない退屈な生活が再スタート😂。

唯一の楽しみは、入院の時期にワールドカップやってたんで、旦那とそれを見ることでした。

朝食をストップ

今回は36週の後半で入院したので、正期産まであと数日。

入院前のエコーでは、羊水が少ない他に、相変わらず逆子で、おまけにへその緒が首に巻きついているという状況でした。

へその緒は1重だけなので、「よくあることだし問題ないよ!」と言われていたのですが…

次の日のエコーでは2重に巻きついていたのです😂。

そして、引き続きCTGで赤ちゃんの様子をモニタリングしていたのですが、

37週に入った日の朝、食事が運ばれてきた直後に助産師さんが入ってきて、

「先生が話があるそうだから、ちょっと朝食は食べずに待ってて」

とのこと。

この時、直感で「もしかしたら今日帝王切開なの🙄」?

と思ったので、休日で旦那の仕事も休みだったこともあり連絡して早く病院に来てもらいました。

しかし!待っても待っても先生は来ない😣!

お腹が空いてたまらなくなったので、ナースコールして

「先生来ないならご飯食べていい?」と聞くと、

「じゃあ朝食を温めてあげるから待ってて」

と食事を1度下げられたのです。

が!この時は素直に従ったものの、またそのまま放置!

30分、40分と時間が過ぎていき、私のお腹もぐるぐる鳴き始めてしまいました😂

約1時間後、ついにたまらなくなってナースコールしたら看護師が駆けつけてたので「やった!ご飯が食べられる!」と思ったのですが、言われたのは「今からベッドシーツ変えるからベッドから降りて」

とのこと

なぬーーーー😡!

さすがに空腹とイライラでプチっときて、「ヤダ!ご飯出してもらうまで動かない!」と抵抗 笑

やっとのことで11時ごろに朝ご飯を食べさせてもらえたのです😔。

今日、産まれます

やっとのことでありついた遅い朝食を食べ、旦那と談笑していると先生が入ってきました。

開口一番に言われたのは、

「昨日の夜から、赤ちゃんの心音が弱いので早めに帝王切開をした方がいいかと思います」とのこと

この時、

「ふーん。早めって、今週とかかな?いよいよ出産かー😤!」なーんて考えていたのですが…

「んで、いつ頃に帝王切開した方がいいの?」

と聞くと…

「今日だよ!」

と言われ、思わず旦那と

Today?

と叫んでしまったのです😵

でもその日は担当のホアイ先生がいないので、

「今日だと誰が切るの?」と尋ねたら

私だよ😁

と、自信満々に回診に来た先生が言うのです。

その先生には以前にも診察してもらったことがあって、良い印象は持っていたのですが、ホアイ先生に取り上げてもらえると思っていたので思わずビックリ!

目の前にいる先生を傷つけないように、何とか今日じゃなくてホアイ先生のいる後日にお願いできるようあれこれ理由を考えて言ったのですが…

「今日は心の準備できてないし🙄」

「今までみてもらった先生(ホアイ先生)がいる時がいいし😗」

とか、赤ちゃんのことを考えると理由にならない理由ばかり並べ立ててしまいました・・・。

先生は、

「んじゃ、後回しにしてもいいけど、赤ちゃんが無事に生まれないリスクが高まるよ。いい?」

ときっぱり。

うううううん。それは良いワケないので、

「じゃあ今日やります。でも、できればホアイ先生がいいです…😶」

と頼んだのでした。

そして、先生に電話してもらい交渉してみると病院に来てもらえることに。

もし胎動が弱いとか感じないのであれば先生を選り好みしてる場合じゃなく、緊急帝王切開だったんだろうけど、「胎動はあるし少し待っても大丈夫だろう。食事してから時間も空けた方がいいし・・・」とのことでその日の夜8時にオペということになったのでした。

こうして、私の娘の誕生日が決まったのでした☺。

続く

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。