まだまだ続く、ポキブーム。ハワイ発祥のB級グルメがアツイ。

日本でも話題になっている「ポキ(ポケ)」。お魚を食べる人口が多いシアトルでも、ブームはますます加速しています。昨年はフードトラックとかで見かけることが多かったポキですが、今年は「ポキ専門店」なるものが次々と誕生しており、連日多くのお客さんで賑わっています。

ポキをご存知でない方の為に簡単に説明すると、ポキはハワイ発祥の魚介類切り身の食べ方で、生のマグロやサーモンに塩・醤油・油(ごま油が多い)を混ぜて漬け込んだ食べ物を意味します。シアトルでも生魚を食べる人が多く、地元の方も抵抗が無いので、ポキブームが拡大しています。そんな中で、ポキを含むハワイ料理を提供するお店に行ってきたので、ご紹介します。

今回訪れたのは、Sam Choy’s Poke to the Maxというお店です。フードトラックもあるのですが、レイニア通りのお店に行ってきました。

店内はこんな↗︎感じで、窓が大きく明るい雰囲気です。

先にカウンターで注文して、支払いをします。

混雑していることが多いので、持ち帰りのお客さんも多いようです。

こちらのお店のメニューは、ポキの他にハワイアンメニューもあるのが特徴的です。また、ポキのラップサンドや、おむすびになっているものも。ハワイ料理定番のガーリックシュリンプやスパムにぎりなどもあります。

ちょっと光が反射してしまいましたが。。。お店自慢のポキです。この日は、5種類のポキがありました。マグロポケはもちろん、イカやタコのポキもあります。ポキだけ量り売りで買うこともできるので、付け合わせにする野菜は自分で用意して合わせれば簡単に立派な一品になります。

店内には、ここのお店の売りである「鮮度」をアピールする看板も。

産地直送の食材を使うので美味しい!のがアピールポイントです。

さて、こちらが今回のメインディッシュです。

友人はトラディショナルポキ、私はガーリックシュリンプを注文してシェアしました。

サイドは海藻サラダかマカロニサラダから選ぶことができます。ご飯も2盛りついてきて、約$13でした。もちろん1皿でお腹いっぱいになるボリュームで、コストパフォーマンスの良いお店です。

ポキの味は、他店より少し薄いかなと思いましたが、店内にスパイスを用意してあるので自分で調整できるように少し抑えめにしているのかな、と思います。ガーリックシュリンプは、とっても良い香りで美味しくご飯が進みました!思いのほか、海藻サラダが美味しかった。野菜の甘酢漬けみたいなのがあって、これだけでご飯が進みました(笑)。

今回食べたポキだけで比べると、以前ご紹介した「Karaage Setsuna」のポキ丼の方が勝っていましたがまだまだ試してみたいメニューが沢山あるので、リピートしたいと思います!

 

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。