新鮮なシーフードで有名!カットバー島へ日帰り旅行

暫く妊娠系の記事が続いたので、今日はベトナムについての話題です

4月のとある日曜日。そろそろ天気も良くなってきたし、妊娠後期になると旅行に行くのは難しいかな〜という思いから、久々にベトナム国内を探検したい気分になりました。

でも、飛行機で移動するのは大変だし、手軽に日帰り旅行ができるところはないだろうか・・・と探したところ、カットバー島がヒット。

本当は、チャンアンとか行きたかったのですが、「川下りとかは結構小さいボートで行くし、屈まないといけない場所があるから妊婦には難しいかもよ」と色々な人からアドバイスされたので、他の候補を探した結果がハイフォンから高速船で行くカットバー島だったのです。



カットバー島って?

カットバー島は、ハイフォンから高速船で約1時間ほど行ったところにある小さな島です。今でこそ、ニャチャンとかフーコックなどのリゾート地が開拓されているので有名ではありませんが、昔は多くの人が集まるリゾート地だったそう。

今回、私たちは行き着きませんでしたが、沖縄の海のようにキレイな場所もあるそうなのです。そして、シーフードが美味しいとの情報もあり、シーフドをメインの目的で早速行ってみることに。

行き方は色々ありますが、私たちはハイフォンまで車で行って、そこから高速船でカットバー島へ行く方法をとりました(ハノイリビングさんのブログに詳しく掲載されています)。

出発は早朝早く

夕方までにはハノイに帰ってきたいということもあり、出発は朝早く7時にはハノイを出発しました。

ハノイから高速道路を通ってハイフォンまで約2時間。途中でトイレ休憩を挟んだので、渋滞はなかったものの結構時間がかかりました。

ここがハイフォン側の港です。ここから高速船に乗って、カットバー島へ出発です!

船は1日に何便か出ていますが、カットバー→ハイフォンの最終便が16時発なので、島での滞在時間をしっかり確保するためにハイフォンを9時発の船に乗りました。

港に到着したのは9時ギリギリくらいだったので、既に船内はほぼ満席。そんなに乗る人はいないだろうと思っていたので、意外でした。

チケットは片道180,000VND(約900円)。フェリーだともう少し安いようですが、時間がかかるので今回は高速船を利用。

フェリー乗り場周辺には、ダフ屋みたいな感じでフラフラとチケットを売っているおじちゃん、おばちゃんがいて、チケットはその方々から購入しました。

ぼったくりかと思ったけど、ベトナム人の知り合いが確認してくれてちゃんとしたチケットということでした。まあ、船会社のチケット売り場は無かった又はまだ空いてなかったので、彼らからチケット買うしかなかったのですが

おばちゃん達はどう見ても船会社のスタッフじゃなかったけど・・・どういう関係なんだろう??・・・まあ、いっか。ここはベトナムだ。

んで、こちらがその高速船。もっと酷いのを想像していたので(笑)とりあえずは許容範囲の船ということを知り安心。。。。

カットバー島の地図とか、玩具とかお菓子を売っているお姉さんたちを素通りして、いざ船内へ。

船の中はこんな感じ。座席は早いもの勝ちで、人数カウントはもちろんしていません!笑!

とりあえず、乗れるだけ乗ったら出発という感じ。1時間もかかるのに、最後に乗船した人は立っていました・・・さすがベトナム。

一応ライフジャケットとかはありますが、もちろん何も説明なしに出発(笑)。全部で100人くらい乗っていたかな〜。座席はお世辞にも心地よいとは言えませんが、とにかく我慢。

しかも、カットバー島に近づいた時にはかなり揺れました。波が荒くて、まるでジェットコースターに乗っているかのよう。乗り物が苦手な方は、酔い止めをお忘れなく。

カットバー島を散策

さて、高速船に揺られること1時間。無事にカットバー島へ到着しました

船を降りてすぐのところに、カフェとかレストランとかホテルがたくさん見えました。天気が悪かったということもあり、海や景色はあまりキレイではありませんが・・・

久しぶりに海とか山などの自然を眺められたのは良かったです。ハノイの汚い空気と、バイクや車のクラクションから逃れられたのはよかったかなと。

水上レストランもあるのですが、まだ食事時ではなかったということもありお客さんはいませんでした。

カットバー島には、ベトナム人家族の観光客と西洋人が多い印象。バックパックかついだ西洋人がホテルとかレストランを探してウロウロしている姿をたくさん見ました。

島には外国人もそこそこ訪れるので、タクシーの運転手とかレストランのスタッフとか英語で話しかけてきます。

まずはビーチへ

カットバー島にはビーチが3カ所あって、第2ビーチが1番奇麗だと聞いていたので早速行ってみることに。

・・・しかし!!

何と、第2ビーチは工事中で入れなかったのです!!

何やら大型のホテルを建設していたので、来年くらいに行くともう少し整備されているかも(you never know…this is Vietnam)

仕方ないので第1のビーチにでまったり。

残念ながら砂浜も美しいわけではないので、リゾート気分を満喫!ということにはなりませんでしたが、久々に聞く波の音に癒されました。

でも、水はキレイだったので足だけチャパチャパしたり。思ったより長く滞在して2時間くらいビーチを楽しみました。

シーフードは美味しかった!

さて、ビーチからふらふらと町の方に歩いて行きながら、メインのお目当てであるシーフードが美味しいレストランを探しました。

いくつか立ち寄って値段を聞いたりしながら歩いて行くと、Hai Yenというこちらのレストランに到着。

店の前に置いてある水槽に、沢山の種類のシーフードがあったのでここで食事をすることに。

ここで購入して家に持ち帰って調理する地元のお客さんもいました。

お店で食べる場合は、レストランに入る前に量り売りで食べたいものを選び、店内で調理してもらうというスタイル。

ラッキーなことに、ちょうどお店に来ていたベトナム人のお客さんが日本語ペラペラで、彼女に教えてもらいながら購入!

特に楽しみだったのが、こちらのカニ。シンガポールとかで食べたことのある、マッドクラブのような感じ。他のものよりお値段高めですが、重くてずっしりしていたので期待できそう・・・と即注文。

お店のアドレスはこちらです。高速船ターミナルから、徒歩10分くらいのところにあります。

シーフードを堪能!

さて、待つこと約10分程度で出来立ての料理が運ばれてきました!

調理方法は基本的に決まっている(ガーリック揚げor蒸し)ようで、何も聞かれずに勝手に調理されました。

まずは我々夫婦の大好物である、シャコです!弾力のあるプリプリの身がたまりません!

私はマコ入りが好きなのですが、主人はマコ無しが好きなので、オスとメスをそれぞれ1キロずつ注文。

その他にも、エビとか・・・

貝も注文しました。

でも、また来るなら、貝は注文せずにカニを多めに注文しようと思います。

だって、カニの方が格段に美味しいんだもん。

しっかりと蟹味噌つまっています。

爪の先まで身がしっかり!!甘くて美味しいのです。

気になるお値段は?

お値段は、シャコ、カニ、貝3種類とドリンクで合計約9000円。ベトナム人に聞いたところ「観光地価格だからちょっと高いね〜」と言っていましたが、ハロン湾の船内で食べたシーフードより安かったです。

カニは約3000円。その他のシーフードも、店内にプライスリストがあって(読めないけど)ぼったくられてはいませんでした。

お腹いっぱいになって、帰りはカットバー島3時発の高速船でハイフォンに向かいました。

ハイフォンから高速でハノイに戻ること約2時間。

途中で寄り道したこともあり、ハノイ到着は夕方の6時でした。

朝から移動して、歩いて、シーフード食べて・・・少し疲れましたが、良い思い出ができました。

次に行く機会があれば、沖縄のようなキレイな海が見られる場所まで行ってみたいです。

週末日帰り旅行にいかがでしょうか??

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。