旧市街だけじゃない!エストニアは空港も可愛いのです。

エストニアへ行く手段は、フェリー、陸路、空路があります。今回、私は空路でエストニアIN-OUTしたのですが、小規模空港だから何もないだろうな〜っと思っていたところ、意外にとても可愛く充実した空港でした!!

出発口の様子

空港出発ロビーは、チェックインカウンターがずらっと並ぶ普通の空港です。なので、正直なところゲート内も同じようなものだと思っていたのですが・・・中に入るとその可愛さに驚きました。

まず、インテリアがとっても可愛いのです。タリンの町中で見た様々なカワイイカフェのように、とてもオシャレで素敵です。

エストニアビール(A.Le.Coq)もフライト時間ギリギリまで楽しむことができます!!(本当にゲートの真横にあるので、本当にギリギリまでOKなのです 笑)

空港ロビーの待ち合い椅子もこの可愛さ。全面にエストニアカラーを出しています。しかも、とても清潔でメンテナンスが行き届いています。搭乗口のデザインとか、いちいち可愛いので、ふらふらと歩いて回るだけでも十分に楽しめました。

子供が飽きないように、遊ぶ施設もあります。もちろん、無料で誰でも使うことができます。他にも、卓球台があったり、ボードゲームが置いてあったりと、待ち合い時間を楽しくする工夫があちこちにあります。

もちろん、美味しい料理もキレイに並べてあります。この日は朝8時のフライトだったので、写真は朝7時頃に撮影したのですが、こんなに沢山の料理が勢揃いしていました。

もちろん、エストニアならではのお土産もたくさん置いてありました。値段は、市内のお土産屋さんと同じくらいの価格で、空港だから特別に高いという雰囲気ではありません。

リネン、ウール、刺繍製品やドライフルーツ、チョコレートなど、市内のお土産屋さんで販売しているようなものがギュッと詰まったお店がありました。

その他の施設

お土産屋さんや飲食店の他に、免税店、両替所、仮眠カプセルなどがあります。と言っても、エストニアから飛び立つフライトは多くないので、ターミナルは1つのみ、出発口も端から端まで歩いて5分程度というコンパクトな飛行場です。

飛行機に搭乗するその時まで、可愛いくてオシャレなエストニアを、ずっと堪能することのできるステキな空港です。早めに到着して、最後のお買い物やお食事を楽しむのがオススメです。

<バルト3国観光するなら、私の友人も登場するローカル情報満載のこちら必携です!>

フィガロジャポンヴォヤージュ(Vol.32) エストニア・ラトビア・リトアニアへ。 (MEDIA HOUSE MOOK フィガロジャポンヴォヤージュ)

 

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。