【アメリカ】日本でも話題に?アメリカ版OisixのBlue Apron

日本にいる時はOisix(おいしっくす)さんの新鮮な食材で健康的な食事を楽しんでいましたが、アメリカでは食生活が乱れ気味・・・。高いと分かっていても食事を作るのが面倒で外食してしまいまうので、家計簿を見てため息がでるばかり。。。そこで、アメリカにもOisixさんと同じようなサービスがないか調べてみたところ、Blue Apron(ブルーエプロン)という食材とレシピの配達サービスがあることを知り、早速試してみました。Oisixさんの中でも、【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】に近いサービスで、NYにて2012年にスタートした比較的新しい会社ですが、急成長している会社です。私はダイレクトメールでこのサービスの存在を知りました。

blue-apron-2

利用方法はいたって簡単で、2人分($59)又は4人分($68又は$139)のファミリープラン2種類から選ぶことができます。2人分プランだと週に2種類分の食材が、ファミリープランだと週に2種類又は4種類のレシピコースを選んで配達してもらうシステムです。私は1人暮らしですが、2人分プランを頼んで余ったらお弁当に入れようという考えで2人分のプランをスタート。もちろん送料無料です。

普通にスーパーで買物するほうが節約になりますが、メニューを考えなくてよくて、食材も届けてくれるので悪くない価格かなと思います。

blue-apron-menue-change

メニューは1週間6種類の中から、好きな3種類を選ぶようになっています。ただ、組み合わせ除外メニューなどもあるので、毎回全て自分の好きなものを注文できるわけではないようです。

blue-apron-schedule

旅行などで家にいない時はスキップすることも可能です。↗︎のようにサイトのカレンダーを見て、お届け周期を調整します。キャンセル料や会員料金などはかかりません。

そして、届いたのがこちらの箱です。

img_2866

箱の中には保冷剤がずっしり入っているので、不在中に配達されても数時間の一時預かりは問題ありません。私の場合はFedexで届きまして、配達の前日にメールが来て、トラッキングできるようになっていました。

img_2867

中身はこんな感じ。個別に包装されていて、本当に使う分だけが入っています。ポン酢や小麦粉なども使う分だけ。それはありがたいのですが、包装用紙を全てゴミに出さなければいけないのがもったいなく、環境に悪い点が悩ましいところです。もちろん、お届け用の段ボール箱や保冷剤はリサイクルに出せるのですが、「卵2個のみの包装」とかを作っていること自体がもったいなくて申し訳ないです。

img_2868

野菜はどれもキレイで新鮮で、自分では購入しないような名前の食材も入っていて見るだけでも面白いのは魅力的です。
img_2869

こんな感じに大きな保冷剤が2つも入っています。

img_2910

ということで、早速作ってみました。

img_3018

メニューはこんな感じ。

img_3017 お魚を焼いて、ココナッツカレー風味に味付けしたケールとご飯と一緒に食べる東南アジア風のワンプレート料理です。レシピが英語だったので、英語の勉強にもなりました。
img_2915

出来上がりはこんな感じです。英語レシピなので少し時間がかかりましたが、味は大変美味しかったです。ココナッツパウダーはこうやって使うんだ!と勉強になりました。ケールとココナッツカレーの相性が良いことも分かったのが良かったです。家に帰ってきてすぐに作れるか・・・と言われたら、そうでもないと思いますが、料理ビギナーや料理のバラエティーを増やしたい人にはオススメです。

もう少し続けてみようと思うので、またレシピのご紹介をしますね。

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。