コーヒーの次はお茶!お土産にも喜ばれる、TEAVANAはマストの観光スポット!?

日本でも、2016年秋に一部のスターバックス店舗内にて取り扱いがあり、話題となったTEAVANA(こちらでは、ティーバナと発音しますが、日本語の公式サイトだとティバーナと標記されています)。スターバックスの本拠地シアトルでは、スタバほどではないにしても、各地でお店を目にします。これまで、あまり気にしていなかったのですが、日本からの訪問者を連れて行ってみたところ・・・店内がステキ&お店にお茶の良い香りが漂っている&試飲もできる&お土産探しに最高!でしたのでレポします。アメリカ訪問の際は、是非訪れてみてください。

そもそもTEAVANAって何?

TEAVANAは、もともとは独立したブランドで、アメリカ、カナダ、メキシコ等を中心に400以上の店舗を展開してお茶・茶葉・茶器を販売していました。そして、2012年12月31日にスターバックスが6億2千万ドルで買収したところ、世界中の注目を集め、翌年にはスタバの店舗内にて取り扱いが始まりました。そして、現在TEAVANAはスタバとは異なったテイストのお洒落な独立店舗を各地に構えているのです。

今回訪れたのは、シアトルのUniversity Village内にあるTEAVANAの店舗です。ダウンタウンのPacific Placeにもお店があるのですが、お茶の販売がメインで、カフェとしての利用はしにくいです。全米各地のお店は、こちらから検索ができます。

気になる店内はこんな感じ

外観を撮影するのを忘れてしまったのですが、お店に一歩入るとこんな感じです。広々とした店内に、色んな種類の茶葉の香りが立ちこめています。写真中央にTASTEと書いてあるラックには、4種類の試飲用のお茶が用意されてあり、もちろん無料で楽しむことができます。

カフェ利用の前に、まず目を引かれたのが、店内に沢山あるグッズ・グッズグッズ!

カラー別にまとめて置いてあり、右を見ても左を見てもカワイイので、どれから手を付けていいかわからずウロウロしてると、すかさず店員さんから話しかけられてしまいました。

TEAVANAを訪れた日は、母の日の前の週末ということもあり、ギフトがセールになってたり、母の日用のプロモーション商品が置いてあったりと、いちいち素敵でした。

よく見ると、日本の茶筒のようなものがあり、手に取ってみると筒の裏には日本語標記があるではないですか!どうやら、日本で作られた茶筒に、TEAVANAデザインのペーパーを貼付けてあるようです。1つ10ドル程度なのでお茶とセットにお土産にもいいですね。和洋折衷な感じです。ちなみに、日本のAmazonでも少しずつTEAVANAグッズを購入できるようになってきているようです。

お茶は、香りを楽しめるようにディスプレイしてあります。箱入りで25ドル、筒入りで17ドルくらいです。その他にも、グラム指定の量り売りにも対応しているので、欲しいお茶を選んでスタッフの方にお願いすると取り分けてくれます(日本で購入可能なものもあります。

肝心のカフェはどうなのよ?

その他にも、お茶関連の商品も沢山取り扱っています。お抹茶や茶筅なんかもあります。日本のお茶文化が、TEAVANAを通じて世界各国に紹介されるとは、嬉しいものです。

店内の紹介ばかりで忘れていましたが、カフェ利用もしましたよ。新メニューのベリー系をトールサイズで注文しました。2ドル70セントくらいでしたので、普通のスタバでラテとかのメニューを注文するより安いです。まあ、ティーバッグにお湯を入れるだけなので、手がこんでないので当然の値段なのでしょうが、店内の落ち着いた雰囲気といい、香りをゆっくり楽しめるので、TEAVANAがとっても好きになりました。

Starbucks スターバックス Teavana ティバーナ イエロー グラスウォーターボトル500ml ギフト包装発送☆海外限定品【売れ筋】【オススメ】

日本でも、ちょっと高いですがTEAVANA商品が楽天などで販売されているようです。まだまだ誰ともかぶらない商品なので、お土産に買って帰ったら喜ばれること間違いなし!アメリカ訪問の際は、立ち寄ってみてはいかがですか?

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。