Uber利用時は気をつけて!ヒヤッとした体験。

今や世界各国で導入されている、自家用車による有料送迎サービスUber(ウーバー)は料金も安くて大変手軽なため私もよく利用しています。最近ではUberpoolで乗り合いすると料金が半額に抑えられることを知り、より利用頻度が増えました。そんな便利なUberですが、これまで利用した中で2回ほど困った体験をしたので、皆さんの安全のためにもシェア致します。

img_3032

1.Uber運転手が隣車線の運転手と口論になった経験

日曜日のお昼頃、ちょっと友人宅まで行こうとUberをお願いし、すぐに迎えに来てくれた優しい感じの運転手さん。しかし、道に詳しくないようで何度か車線変更に戸惑ったため、後ろの車からクラクションを鳴らされてしまいました。確かに道の真ん中で急に速度を落としたり、ウインカーなしで車線変更したので、クラクションを鳴らされても仕方ない状況だったのですが、鳴らされたことに対して運転手の怒り爆発!

クラクションを鳴らした車が右隣の車線にて信号停車した際、窓を開けて「何鳴らしてんだよ、バカヤロー!*@%#+”!!」と叫び出したのです。このとき、他の同乗者がいたので私は助手席に座っていたのですが、左側にいる運転手は私の前に身を乗り出し、助手席側(私側)の窓から隣の車に暴言を。。。隣の運転手も窓を開けて反論を開始。。。

幸いにもすぐに信号が変わり、隣の車は別方向に曲がって行ったので、そこで口論終了となりましたが、Uberは自家用車を使うので相手からは営業中の車と判別できず、私がただのお客さんということも分からないので巻き込まれていた可能性も・・・と思うと恐ろしかったです。

Uberは誰でも手軽に仕事を始めることができ、利用者も簡単に利用できるので便利ですが、その分、色々な運転手さんがいることを再認識させられました。ただ、Uber運転手の善し悪しを知るのは、利用者がつける星の数だけ。コメント欄などもないので、客としては予防措置がないことも問題だなと。今のところ運に任せるしかないのでしょうが、危ないと思ったら早めに降りるとかの判断が必要だなと思った体験でした。

img_3028

2.道に不慣れでカーナビ通りにも運転できないUber運転手

こちらは、身の危険を感じたわけではありませんが、あまりにもひどい運転手だったので、体験をシェアします。

この日は自宅から車で約10分のA地点までUberを利用しようとリクエストしたところ、すぐに運転手が到着。車もきれいだし安心して乗り込みました。A地点に近づきつつあったので、安心して任せていたのですが、カーナビが案内した方向と反対に曲がったので不思議に思って運転手を見てみると明らかにカーナビの案内が理解できていない様子。英語も上手でないので、言語的な問題もあったのかもしれません。

すぐに「そっちじゃなくて、こっちだよ」と訂正したのですが、時既に遅し。オートリルートされたカーナビの指示通り、高速道路に乗ってしまったのです!せっかくA地点近くまで来たのに、自宅方面へ向かう高速に乗ってしまった車はひたすら戻るしか無い状況。

とりあえず、一番近い降り口で高速を降りて再度逆方面へ向かう高速に乗る必要があったのですが・・・一番近くの降り口をミスったうえに、反対方向の高速入り口もミスるという目も当てられない状況。さすがにキレて、その場で降ろしてもらい別の方法で目的地に行くことにしたのです。

後ほどクレームを入れようと、その運転手の評価を見てみると、☆は5点万点中の1.4個。リクエストする時にそれを見て判断すればよかったのかもしれませんが、キャンセルするとキャンセル代がかかるし、わざわざ運転手の評価なんていつもみないのでそんなこと考えもしませんでした。

更に最悪なのは、リクエストの際には6ドルと見積もられていた金額の倍以上、18ドルが請求されたのです!運転手が道を間違えてウロウロしていた分を、私(利用者)が進路変更等を指示したとUber側が勘違いして追加料金をチャージしてきたのです。これにはさすがに怒り爆発です。だって、目的地に到着すらしていないですよ!

早速怒りのままにUberへクレーム。とにかく全額返金しろとメールを打ちまくり。すると、Uber側の対応は予想していたより早く、3時間程度で返事が返ってきて、無事に全額返金してもらえました。ついでに、質の悪い運転手は使わない又は客が無料でキャンセルできる方法があるべきだ!等の意見も述べておきました。

劇的な変化があるかはわかりませんが、Uberなどの有料送迎サービスを利用するときは他の人からの運転手の評価なども見て利用すべきだなと改めて思いました。今後もUberのような有料送迎サービスは広がると思うので、皆さんもご利用の際には気をつけてくださいね。

img_3029 *このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。