JALとも提携したベトナムのLCCベトジェットVietJetに乗ってみた

ベトナムー日本間の移動は、ANAとも提携してますます快適になったベトナムエアラインを利用するのですが、近隣諸国や国内都市への週末旅行は最安値フライトをいつも探している私😜。

最安値フライトと言っても、日本のように多くの格安エアラインがあるわけではないので選択肢は少ないですが、ベトナムにもちゃんとLCCが就航しているのです✈。

メジャーなところでは、AirAsiaとかJetStarPacificなんかがありますが、ベトナム国産のLCCもあるのです🙋🏼。それが、VietJet!!

VietJet(ベトジェット)は、2011年12月に就航したベトナム初のLCCなのですが、近隣諸国へ国際線を運航していたり、日本のJALとも提携するなど、今、波に乗っているエアライン。

 

しかもVietJetは女社長の運営する会社で、2017年版の「世界で最も影響力のある女性100人」にも選ばれたという、話題の人😁。

そんなVietJet。早速週末旅行に利用してみたところ、意外と良かったのです👌。

スムーズなチェックイン

予約は、VietJet公式HPでもできますが、こっちの方が安かった&何かあった時のために大手のSkyscanner経由で予約。行き先はハノイーホーチミンの往復便です。

すぐに電子チケットも送られてきて、スムーズな対応。ただ、オーバーブッキングが怖いので、念のため数百円支払って座席の確保をしました。この数百円をケチったらチェックイン時まで座席の確保ができないので、隣同士で座りたい人がいる場合は要注意。

ハノイの空港に到着すると、VietJetの自動チェックイン機がズラリ。

チェックイン機の近くには、ちゃんと英語もできる案内のスタッフがついているので、分からなかったら予約確認番号を見せて入力してもらうとOK。

ただ、ここで要注意なのが、自動チェックイン機でチケットを発券できるのは1回までということ!

実は私、このチェックイン操作を次々にすすめていたら、「チケットをPrint out」というボタンを押し損ねて😥、チェックインはできたけどチケットがない!という状況に(涙)。

2回目の発券はできないので、カウンターに並ぶはめになったので、ちょっと面倒なことに!まあ、すぐに発券してもらえたので良かったのですが、空港が混雑してたり、預け入れ荷物が無い時は、非常にイラ〜っとしますので、ご注意くださいませ。

ちなみに、チェックインカウンターは結構スムーズに動いているのですが、お問い合わせカウンターはベトナム人お得意の「割り込み、横入り」が多いので、慣れてない旅行者の利用は避けたいところです。

飛行機の機内はこんな感じ

さて、チケットプリントアウトのトラブルはありましたが、その後はスムーズに案内があり、時間通りにボーディング。

ベトナム人の友人によると、VietJetは「いつも遅れる」ということでしたが、この日のハノイ発ホーチミン行きの便は定刻通りでした😌。

ただ、復路のホーチミン発ハノイ行きは約2時間遅れでした。この時は、台風も来てたので遅れることは予想していたのですが、キツキツのスケジュールを組まない方が良いという点は学びました✈。

機内は、こんな感じの革張りで、思ったより普通のLCC。数百円払えば、少し広いホットシートも利用できます。

LCCなので機内食は出ません。食べたければ、1食5ドル程度の食事を購入することができます。ジュースやスナックも有料で、お水のサービスもなし!機内エンターテイメントもないので、音楽とか雑誌とか自分で容易する必要があります。

でも、ベトナム航空もエコノミークラスであれば殆どの便が機内エンターテイメントがないので、私は少しの移動なら安い方が良いのでVietJetで十分です。

ちなみに、フライトアテンダントの制服はこんな感じ。結構目立つのですが、アオザイが制服のベトナムエアラインとは大きく違います。

フライトは、離陸も着陸も安定しており、無事にホーチミンへ到着することができました。

多くの便で外国人パイロットを雇っているようで、機長からの案内などは、英語で直接届くので何となくホッとします😌。

ハノイーホーチミン往復で税込み15000円のフライトでした。早く予約するほど安いので、旅行の予定が決まったらすぐに予約・チケット購入するのがオススメです。

旅のご参考になれば嬉しいです😊。

*このブログはお名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーを利用して作成しています*



ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただきありがとうございます! これまでの海外留学、インターン、駐在などの経験を通じて得た情報をぼちぼち発信しています。何かのお役に立てると嬉しいです。